So-net無料ブログ作成

柏木ひなたの「スワローズ日和」連載終了

hinata_swallows.jpg

BaseballCrixに4週に渡って連載されていた「スワローズ日和」も終わってしまいましたが、今日のスワローズ(もう昨日か?)は延長10回、エルドレッドの決勝打で広島に逆転サヨナラ負け。でもまあ、8月はおおよそ1勝2敗のペースで進んでいて、一時期の連敗街道まっしぐらからは抜け出せている様子。


ところで、(国鉄)スワローズの名前の由来は当時の最速特急列車「つばめ」号からだそうですが、故郷を離れて生活する人にとっては、もっと一般的に渡り鳥がイメージさせる「望郷」という言葉も浮かんできます。鈴木祥子の「swallow」もそういった心情を歌った歌の一つですが、ちょっと解釈にコツがいる歌なので補足すると、川村真澄の歌詞は、現在の自分と故郷にいる(幼い)自分が互いに語りかけるといった趣向になっています。(itunesでポチってください)


まあ今回は鈴木祥子は置いておいて、プッチーニの「つばめ」の動画を貼ります。


ジェームズ・アイヴォリーの「眺めのいい部屋 (1986)」という映画がありますが、フィレンツェをイメージさせる「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さん」のオープニングで始まり、「ヴァルトシュタイン・ソナタ」でヒロインの内なる情熱を表現、と選曲も配慮された作品です。「つばめ」の「ドレッタの美しい夢」はどこで使われるかというと、ピクニックでの出来事、ルーシー(ヘレナ・ボナム=カーター)がジョージ(ジュリアン・サンズ)に唐突にキスをされるシーンです。

二十歳そこそこのアンジェラ(・ゲオルギュー)が歌っていたものをYouTubeで拾いました。

 Ch'il bel sogno di Doretta - Puccini, La rondine - Angela Gheorghiu

 [歌詞 (後半部)]
 Folle amore! / 狂おしい恋!
 Folle ebbrezza! / 狂おしい陶酔!
 Chi la sottile carezza / その繊細な触れ合いについて
 D’un bacio così ardente / このような熱い口づけの
 Mai ridir potrà? / 誰が言葉にすることができるだろう

 Ah! mio sogno!… / ああ!私の夢!…
 Ah! mia vita! / ああ!私の命!
 Che importa la ricchezza / 富は重要ではないの
 Se alfin è rifiorita la felicità! … / 最後に幸福が咲くのなら
 O sogno d’or / おお 金色の夢
 Poter amar così! / こんな風に愛せること

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。