So-net無料ブログ作成
検索選択

わーすたランド vs バケットヘッドランド

わーすたの2ndアルバムのジャケットで何を思い出したかというと、これ。タイトルロゴから醸し出されるこのB級感。うーん、いい勝負だ。
(左端にKFCのバケツを被ったBucketheadが写っています)

 buckethead.JPG
 バケットヘッドランド(1993)

「ジャイアントロボ」からのサンプリング音と、ノイジーなギターサウンドを組み合わせた、2枚組の大作アルバムです。(僕なんかの手元にあるということは多分当時相当話題になった)


---

ニコニコ大百科によると

バケットヘッドとは、米国出身のおかしなおかしな(救いようのない特撮ヲタな)超絶技巧早弾きスーパーギタリストである。
こと、日本の特撮番組である『ジャイアントロボ』が好きで、度々観客置き去り状態でそのOPを演奏している。

・ストーリー
世紀末を迎えた人類 その人類を滅亡へと導く【悪の旋律】(デンジャラス・リズマー)
我々人類は気が付かないうちに流れ来る【悪の旋律】に耳を傾け、暗黒の世界へと足を踏み入れている
世界規模の天変地異、果てることのない争い、日常茶飯事と化した殺人と強盗
すべては暗黒の世界から流れくる旋律が引き起こす悪行の数々
<バケットヘッド>はそんな暗黒の世界から我々人類を守るべく登場した世紀末最後のヒーローなのだ
そして”彼”は【悪の旋律】と戦うために正義のギターを手にし人類救済の【正義の旋律】を弾きつづけるのである

~ソロアルバム『GIANTROBOT』より~

と紹介されています。"わーすた"もこういう正義のヒロインだったのか!
( ---> 何を今更、トリケラトプスを倒して世界を救っているではないか)


---

ライブ動画があったので置きます。


 Buckethead - Giant Robot - B.B. King Blues Club - NYC - 5/7/2016

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。