So-net無料ブログ作成

ショート担当ふぅちゃん復活

とりあえず元気になって一安心。ブログでエビ中の新曲に触れているのに好感。



sakana.jpg

タグ:sora tob sakana
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ハイドンの「テレジア・ミサ」 [クラシック音楽2017]

という訳でウィーン古典派に入っていくのですが、最初の関門がハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732 - 1809)。普通にJ-POP聴いている人に、ビックリ交響曲のあけすけにC調な作曲家が訴求する部分があるのか?


ハイドンには2曲の有名なオラトリオがあります。「天地創造」と「四季」。


「天地創造 (1796-1798)」は3部構成になっています。

第1部(1日目〜4日目, 13曲)
 ・光と闇の分離
 ・天空を造り、水を上下に分離
 ・下の水を集合させ、陸と海に分離、また陸地には植物を
 ・太陽と月を造り、昼と夜を分離、また星も
第2部(5日目〜6日目, 15曲)
 ・水には魚を、空には鳥を
 ・大地には多種の生き物を、そして自身に似せた人間(男-女)を
 (ハレルヤ)
第3部(アダムとイヴ, 6曲)
 ・創造主への感謝 --- 幸いなる夫婦
 (アーメン)


「四季 (1798-1801)」は4部構成になっています。

第1部(春, 8曲)--- 雪解け、畑仕事、神への感謝
第2部(夏, 10曲)--- 太陽への讃歌、嵐、休息
第3部(秋, 10曲)--- 勤労と収穫、狩り、宴
第4部(冬, 11曲)--- 寒さの到来、糸車、美徳の勝利


やっぱ、大真面目に保守主義を歌われても、無理だわ。せめて、小声で陰りのある演奏なら,,.と思って下のCDを聴いてみたんですが、ピリオド楽器の素朴な音色が大仰さを薄めてくれていて、悪くもないじゃんと思い始めました。(「天地創造」でのユリア・クライター、「四季」でのマーリス・ペーターゼンの両ソプラノも聴かせるし。)

 haydn_creation.jpg haydn_season.jpg
 ルネ・ヤーコプス & フライブルク・バロック・オーケストラ
sakana.jpg
「ポストバロックと大編成アコースティックを基調とした物語性の高い楽曲と、ソリストたちによる真っ直ぐで表情豊かなパフォーマンスがハイドン唯一無二のナイーブな世界観を作り出すことに成功しています。」


毛色は違うけど、同じピリオド楽器のリハーサル動画を置いておきます。

 Sir Simon Rattle rehearses Haydn's Creation with Orchestra of Age of Enlightenment


当初は、ミサ曲(Theresienmesse, 1799)を推していたのですが、オラトリオに比べたらやっぱりセカンドチョイスかな、とも思い始めているところ。

以下は、13年の年月をかけて2005年に再建が完了した、ドレスデン聖母教会の聖歌隊(Kammerchor der Frauenkirche)によるものです。

 Joseph Haydn "Theresienmesse" - Kyrie(03.10.2016)

このミサ曲、ハイドンにしては控えめで、それでいて意外と曲調が変化に富んでいるので、ハイドンが苦手な人にはオススメです。("Nelsonmesse"も同様に薄い菅楽器群ですが、そちらは、見得を切った曲です。)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽