So-net無料ブログ作成

Morton Feldman, Triadic Memories [現代音楽2017]

モートン・フェルドマン (1926-1987) がジョン・ケージに出会ったのは1950年。カーネギーホールでのニューヨークフィルの演奏会でヴェーベルンのSymphony, op. 21を聴いた際、聴衆の失礼な態度に嫌気がさし次のラフマニノフが始まる前にその場を去ったところ、ケージもまたロビーに居合わせ、そこで二人の作曲家は意気投合したとのこと。

ケージの影響を受けて、旧来の和声法やセリー技法から外れた作曲技法を模索していたフェルドマンですが、1970年に入ると図形譜などへの興味から離れて、20分ほどのきちんとした作品を作るようになります。(Rothko Chapel (1971)、For Frank O'Hara (1973)など)

 Da Camera Presents Rothko Chapel by Morton Feldman (Excerpt 1 of 2)
 Da Camera Presents Rothko Chapel by Morton Feldman (Excerpt 2 of 2)


さらに1980年になると、音量的にも楽想的にも静謐でいながら、時間的には巨大な作品を書くようになります。それらの作品の中から、短めの抜粋動画があったので載せることにします。

「三和音の記憶 (Triadic Memories, 1981) - 3人のピアニスト (David Tudor, Roger Woodward, 高橋アキ) の思い出に関する作品」

 Morton Feldman : Triadic Memories (extrait)


---

1982年の講義でフェルドマンはこう述べたそうです。
feldman_quote.jpg

全曲体験したい方はこちらで。
 feldman_triadic.jpg
 フェルドマン: トライアディック・メモリーズ (1981) / 高橋アキ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

VR それとも紫陽花

横浜にVRシアターなるものがあるって知らなかった。(2015年オープンとのこと)

最新鋭の映像表現「ホログラフィック」によるステージ演出を提供する世界初の常設劇場です。
 https://vr-theater.dmm.com/about

--->
DMM.yellとDMM VR THEATERのコラボレーションイベント第2弾!

 2017年6月25日[日]
 @DMM VR THEATER YOKOHAMA
 第2公演【開場】15:30 【開演】16:00
  sora tob sakana
 前売り:3,500円/当日:4,000円
 ※別途ワンドリンク代500円が必要です
--->

こっちも知らなかったけど、DMM.yellは「ファンと有名人を結ぶコミュニケーションアプリ」だそうです。
 https://yell.dmm.com/apps/article/610640/
ajisai.jpg

タグ:sora tob sakana
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

John Cage, Music of Changes [現代音楽2017]

アメリカの現代作曲家ジョン・ケージ(John Cage, 1912-1992)といえば、作曲者が楽曲管理を放棄する「偶然性の音楽 (aleatory music)」で知られ、その究極の形として演奏者が演奏をしない作品「4′33″」が超有名です。

 --- 曲名はトータル演奏時間の分秒 ---
 (David Tudorによる初演時の4′33″が通称となっている)

  Cage_4_33.jpg
 I
 TACET(休止)

 II
 TACET(休止)

 III
 TACET(休止)


「偶然性」に取り組む以前の作品は、まだ「音楽的」なもので、プリペアードピアノ(ピアノの弦にフェルトやボルトなどを挟んだもの)のために作曲された作品群などは、聴くに耐え得るものとして割と演奏・録音もされています。

以前、その時期の作品から「In a Landscape」を記事に載せたことがあったので、今回は「偶然性の音楽」の方から「易の音楽(Music of Changes, 1951)」を紹介します。中国の占いの古典「易経」を用いて作曲された作品だそうです。Book I 〜 IVまでありますが、Book I の演奏例を。


 [LIVE] Vicky Chow performs John Cage: Music of Changes Book 1 (1951)


せっかくなので、演奏時間も同じくらいのヴェーベルン「ピアノのための変奏曲 (1936)」と比べてみましょう。こちらは3楽章構成で、12音技法により厳密に作曲された作品とのことです。


 A. Webern - Piano Variations Op. 27 - Paola Visconti


--- memo ---
 Apprenticeship period (1932–36)
 Modern dance, prepared piano, and the transition to chance (1937–51)
 ・A Valentine Out of Season, for prepared piano (1944)
 ・Music for Marcel Duchamp, for prepared piano (1947)
 ・In a Landscape for piano or harp (1948)
 ・Sonatas and Interludes, for prepared piano (1946–48)
 ・String Quartet in Four Parts, for string quartet (1949–50)
 First chance works (1951–59)
 ・Music of Changes, for piano (May – December 1951)
 ・4′33″ for any instrument or combination of instruments (August 1952)
 Happenings, theater (1959–68)
 Return to composition (1969–86)
 Number Pieces and other late works (1987–92)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メッセージサブレ出た(6/26から)

最近コンビニにも置いてますよね。

coconut_sable.jpg
 http://www.coconut-sable.jp

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Revenge for 1000 成功

スターダストの5人組「ROCK A JAPONICA」。ライブで1000人集めることに再挑戦していましたが、今日6/18の川崎 CLUB CITTAでのツアー最終公演で、見事達成できたそうです。

※「タコ感」とは多幸感のことらしいです??



正直なところ、最近立て続けに繰り出してきたMVの再生回数からは、無理かな、とも感じていましたが、これで次のステップに進めますね。

 rockajaponica_1.jpg
 【MV】ロッカジャポニカ / タンバリン、凛々 MUSIC VIDEO SHORT ver.


今冬には1stアルバムがリリースされるとの発表もあったようで、他人にオススメするにはまだ微妙なところを、フレッシュな楽曲&パフォーマンスでブレイクしてもらいたいな、と思うのでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽