So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月 | 2017年06月 |- ブログトップ
前の5件 | -

John Cage, Music of Changes [現代音楽]

アメリカの現代作曲家ジョン・ケージ(John Cage, 1912-1992)といえば、作曲者が楽曲管理を放棄する「偶然性の音楽 (aleatory music)」で知られ、その究極の形として演奏者が演奏をしない作品「4′33″」が超有名です。

 --- 曲名はトータル演奏時間の分秒 ---
 (David Tudorによる初演時の4′33″が通称となっている)

  Cage_4_33.jpg
 I
 TACET(休止)

 II
 TACET(休止)

 III
 TACET(休止)


「偶然性」に取り組む以前の作品は、まだ「音楽的」なもので、プリペアードピアノ(ピアノの弦にフェルトやボルトなどを挟んだもの)のために作曲された作品群などは、聴くに耐え得るものとして割と演奏・録音もされています。

以前、その時期の作品から「In a Landscape」を記事に載せたことがあったので、今回は「偶然性の音楽」の方から「易の音楽(Music of Changes, 1951)」を紹介します。中国の占いの古典「易経」を用いて作曲された作品だそうです。Book I 〜 IVまでありますが、Book I の演奏例を。


 [LIVE] Vicky Chow performs John Cage: Music of Changes Book 1 (1951)


せっかくなので、演奏時間も同じくらいのヴェーベルン「ピアノのための変奏曲 (1936)」と比べてみましょう。こちらは3楽章構成で、12音技法により厳密に作曲された作品とのことです。


 A. Webern - Piano Variations Op. 27 - Paola Visconti


--- memo ---
 Apprenticeship period (1932–36)
 Modern dance, prepared piano, and the transition to chance (1937–51)
 ・A Valentine Out of Season, for prepared piano (1944)
 ・Music for Marcel Duchamp, for prepared piano (1947)
 ・In a Landscape for piano or harp (1948)
 ・Sonatas and Interludes, for prepared piano (1946–48)
 ・String Quartet in Four Parts, for string quartet (1949–50)
 First chance works (1951–59)
 ・Music of Changes, for piano (May – December 1951)
 ・4′33″ for any instrument or combination of instruments (August 1952)
 Happenings, theater (1959–68)
 Return to composition (1969–86)
 Number Pieces and other late works (1987–92)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メッセージサブレ出た(6/26から)

最近コンビニにも置いてますよね。

coconut_sable.jpg
 http://www.coconut-sable.jp

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Revenge for 1000 成功

スターダストの5人組「ROCK A JAPONICA」。ライブで1000人集めることに再挑戦していましたが、今日6/18の川崎 CLUB CITTAでのツアー最終公演で、見事達成できたそうです。

※「タコ感」とは多幸感のことらしいです??



正直なところ、最近立て続けに繰り出してきたMVの再生回数からは、無理かな、とも感じていましたが、これで次のステップに進めますね。

 rockajaponica_1.jpg
 【MV】ロッカジャポニカ / タンバリン、凛々 MUSIC VIDEO SHORT ver.


今冬には1stアルバムがリリースされるとの発表もあったようで、他人にオススメするにはまだ微妙なところを、フレッシュな楽曲&パフォーマンスでブレイクしてもらいたいな、と思うのでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ホークス天王山でカープに勝利、17日にも交流戦3連覇

プロ野球交流戦 2017年5月30日(火)~6月18日(日)も終盤となりましたが、1位 広島 - 2位 ソフトバンクの直接対決でソフトバンクが先勝、勝率0.688で広島に並びました。
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00010011-nishispo-base



この大事な一戦で国歌斉唱を務めたのが、我らがわーすた、みりてこ こと松田美里(広島県出身)。
mazda.jpg
 東洋広島カープ公式サイト(2017年06月16日(金) vs 福岡ソフトバンクホークス)
 東洋広島カープ公式サイト(ニュース、2017.06.17)



YouTubeに上がっていたファン動画で見ましたが、赤く染まった満員のMAZDAスタジアムで32,000人が見守る中、立派な歌唱でした。

改めて尊敬!

試合は 3-5 で広島が破れたものの、丸の3打席連続アーチが飛び出しました。

タグ:わーすた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベートーヴェンの後期カルテット [クラシック音楽2017]

前回はベートーヴェンの後期ピアノソナタでしたが、今回は後期弦楽四重奏曲です。彼の書いた弦楽四重奏曲は全部で16曲あり、初期が6曲、中期が5曲「ラズモフスキー第1番〜第3番 」「ハープ」「セリオーソ」、そして後期が5曲で、これらは交響曲第9番(1824)以降に完成された作品になります。


 弦楽四重奏曲 第12番, E♭ major Op.127 (1825) --- 4楽章構成
 弦楽四重奏曲 第15番, A minor Op.132 (1825) --- 5楽章構成
 弦楽四重奏曲 第13番, B♭ major Op.130 (1825) --- 6楽章構成
       大フーガ, B♭ major Op.133 (1825-26)
 弦楽四重奏曲 第14番, C♯ minor Op.131 (1826) --- 7楽章構成
 弦楽四重奏曲 第16番, F major Op.135 (1826) --- 4楽章構成


作曲順に並べてみましたが、二つ目の第15番作曲中の1825年4月に、ベートーヴェンはひと月程病床につくことになります。そこから快復した喜びを「リディア旋法 (modal F) による、病より癒えたることの神への聖なる感謝の歌」と題して楽章追加したため第15番は5楽章構成となりますが、その後の創作でも楽章数が1個ずつ増えていってます。

内容的に見ても、作品が進むにつれ次第に時代を超越し、遂には"God"の領域へと踏み込むという風で、思わず「お前、サイヤ人か!」と突っ込みたくなる程です。


 momoclo_Z.jpg
 Pledge of “Z”/MOMOIRO CLOVER Z
 「Dragon Ball Z: Resurrection ‘F’」THEME


何か邪気が入りましたが... また、最後の最後で4楽章構成の古典的な形式に立ち返り、「やんちゃな笑顔」を見せるという演出も"good"です。


いい加減にして、参考動画を置きます。

BEETHOVEN // STRING QUARTET , OP.130 // Edding Quartet // Video directed by Benjamin Trade


おすすめCDは、上の動画でピリオド楽器を演奏している Edding Quartet でいいような気がしてきました。次のリリースが出るかどうかも分からないけど、それを期待してゆっくりと待ちながら、というのもありかも知れません。(まあ僕は Melos Quartett のものが手元にあるので、他の曲が聴きたくなってもそんな困らないし... )

あと、このCDには第13番が収録されていますが、初演時と同様、第6楽章に「大フーガ」を置いた形をとっていて、この名曲をより一層引き立てています。トータルで50分と、彼のカルテットの中でも最長を誇るこの曲、midsummer チューンとしてどうぞ。



最後に、第9交響曲の歌詞の一部をあげて終わりにします。

 --- An die Freude ---
  Friedrich Schiller(1759-1805)

 Freude, schöner Götterfunken, / 歓喜、美しい神々の火花、
 Tochter aus Elysium, / 楽園の娘。
 Wir betreten feuertrunken, / 私たちは炎に酔いしれ踏み入る、
 Himmlische, dein Heiligtum! / 天なるもの、あなたの聖域へ!

 Deine Zauber binden wieder, / あなたの魔法はもう一度結びつける、
 Was die Mode streng geteilt, / モードが強力に分け隔てていたものを。
 Alle Menschen werden Brüder, / 全ての人は同胞となる、
 Wo dein sanfter Flügel weilt. / あなたの柔らかな翼が留まるところで。

7000万回以上再生されている有名なフラッシュモブ動画を添えて。


 fin
タグ:ももクロ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -
2017年05月 |2017年06月 |- ブログトップ