So-net無料ブログ作成
検索選択
現代音楽2017 記事一覧
2017年08月18日:  Gérard Grisey, Espaces acoustiques
2017年08月11日:  Pierre Boulez, Pli selon pli
2017年08月04日:  Henri Dutilleux, Piano Sonata
2017年07月28日:  Olivier Messiaen, Vingt regards sur l'enfant-Jésus
2017年07月21日:  佐藤 聡明, Incarnation II
2017年07月14日:  Michael Nyman, Drowning by numbers
2017年07月07日:  Terry Riley, In C & Philip Glass, Einstein on the ..
2017年06月30日:  Morton Feldman, Triadic Memories
2017年06月23日:  John Cage, Music of Changes
2017年04月06日:  Maison book girlとsora tob sakana(John Cage, In a L..

現代音楽2017 ブログトップ
前の10件 | -

Gérard Grisey, Espaces acoustiques [現代音楽2017]

スペクトル楽派の創始者の一人、フランスの作曲家ジェラール・グリゼイ(1946 – 1998)の作品を見てみます。ちなみにスペクトル楽派では、音のスペクトル分析をしたり、電子的に作った音響スペクトルを合成したりといった作曲技法を使うそうです。

代表作は「音響空間(Les espaces acoustiques, 1974-85)」ですが、アンサンブル・アンテルコンタンポランの公式動画に全曲がアップされています(太っ腹ですね)。記念碑的な作品なので、一度は目を通しておけば、と思います。

「音響空間」というタイトル通り、メロディもリズム感も希薄な「音楽以前」とも言える6つの楽曲?(各15分程)から構成されますが、最初が "Violaソロ"、最後は"大オーケストラ+4本のホルン"と順を追って音響母体の規模が大きくなっていきます。

共に緻密な音楽ですが、ブーレーズが「完成された様式美」を見せるのに対して、(うまくいけば)こちらには「進歩したテクノロジー利用による可能性」が見てとれるかと思います。


--- 音響空間 (Les espaces acoustiques) ---

 I. Prologue (プロローグ, 1976)
  – for viola and optional live electronics
 II. Périodes (周期, 1974)
  – for flute, clarinet, trombone, violin, viola, cello, and double bass
 III. Partiels (倍音, 1975)
  – for 18 musicians


 Gérard Grisey, Espaces acoustiques 1/2 - Ensemble intercontemporain


 IV, Modulations (変調, 1976–77)
  – for 33 musicians
 V. Transitoires (過渡, 1980)
  – for large orchestra
 VI. Epilogue (エピローグ, 1985)
  – for 4 solo horns and large orchestra


 Gérard Grisey, Espaces acoustiques 2/2 - Ensemble intercontemporain


スペクトル学派のこのような方法論は、IRCAM(フランス国立音響音楽研究所)で学んだ音楽家たちに影響を与え世界中に拡散していて、例えば日本の作曲家では、金子仁美が「グリゼイの墓 (2000)」という師を偲んだ作品を作っていたりもしています。その作品のCDも出ていますが、彼女が編曲したシャンソン3曲(枯葉、バラ色の人生、ムーラン・ルージュ)が含まれた、ギター作品集をここでは紹介します。

 ohagi_yasuji.jpg
 天の三羽の鳥~ギターで聴く珠玉のフランス音楽~、大萩康司

収録曲(全曲フランス音楽)などの詳細は、以下の記事でご確認を。
 デビュー15周年を迎えたクラシック・ギタリスト大萩康司(2016/03/01)

タグ:大萩康司
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Pierre Boulez, Pli selon pli [現代音楽2017]

昨年逝去したフランスの作曲家ピエール・ブーレーズ(1925-2016)は、シェーンベルクが開拓した十二音技法の延長線上にあるトータル・セリエリズム(音高だけでなく、音価や強弱やアタックといったものも含めて音列的操作を施す技法)の作曲家として知られていますが、代表作としては、「ピアノソナタ第2番(1948)」「主なき槌(Le marteau sans maître, 1953-55)」「プリ・スロン・プリ(Pli selon pli, 1957-89)」といった感じでしょうか。

この中の「プリ・スロン・プリ」からの3曲が、アンサンブル・アンテルコンタンポランの公式動画に上がっていたのでまとめます。2015.2.3のライブ収録です。

タイトルはマラルメの「ベルギーの友人の思い出 (Remémoration d'amis belges)」からの一節、ブリュージュの街を覆っていた朝霧が次第に晴れていく様子を写したものから取られています。

 Comme furtive d'elle et visible je sens
  / 秘められたものが見えてくるように思える
 Que se dévêt pli selon pli la pierre veuve
  / 主人を亡くした石塊が一折一折と露わにするように

僕はERATOレーベル1981年の自作自演盤を持っているのですが、ライナーノートに歌詞が載っていないので、この場をメモ帳代わりに使わせていただきます。(歌詞を付けたはいいけど、あまり意味なさそう。→ The first movement uses just the first line of "Don du poème" and the last movement just the last line of "Tombeau".)


昨年施行された「山の日」、暇だったら動画再生してみてください。ブーレーズの繊細なサウンドスケープが楽しめます。


--- Pli selon pli, portrait de Mallarmé ---

1. Don – "Don du poème" / 詩の贈りもの


Je t'apporte l'enfant d'une nuit d'Idumée !
 イデュメアの一夜に生まれたこの子を、いまここに貴女に!
Noire, à l'aile saignante et pâle, déplumée,
 ほの黒く、血の滴るその翼は色も蒼ざめ、羽毛も抜けて、
Par le verre brûlé d'aromates et d'or,
 芳香と金色との灼きついた玻璃を貫き、
Par les carreaux glacés, hélas ! mornes encore
 凍てついた、ああ、まだ陰鬱に曇る硝子窓を貫いて、
L'aurore se jeta sur la lampe angélique,
 暁は、天使のようなランプの上に 光を投げた。
Palmes ! et quand elle a montré cette relique
 棕櫚の枝影!だが、この残骸を 暁が、
A ce père essayant un sourire ennemi,
 微笑もうにも微笑めぬ この父親に示したとき、
La solitude bleue et stérile a frémi.
 石胎不毛の 青い 孤独が 戦慄した。

Ô la berceuse, avec ta fille et l'innocence
 おお 子守する女よ、愛娘と共にいて、貴女方の冷たい足は
De vos pieds froids, accueille une horrible naissance
 無垢そのもの、だが この誕生は迎えてほしい。
Et ta voix rappelant viole et clavecin,
 その声が、ヴィオルやクラヴサンの音色を想わせる貴女、
Avec le doigt fané presseras-tu le sein
 力萎えた指で、貴女は、母性が 巫女の真白さとなって
Par qui coule en blancheur sibylline la femme
 流れ出る乳房を、穢れを知らぬ青空の大気が
Pour des lèvres que l'air du vierge azur affame ?
 飢えさせている唇のために、搾ってやってはくれぬだろうか。

(松室三郎 訳)



2. Improvisation I sur Mallarmé – "Le vierge, le vivace et le bel aujourd'hui"


Le vierge, le vivace et le bel aujourd’hui
 けがれなく、生気にみちて、美しい今日という日が
Va-t-il nous déchirer avec un coup d’aile ivre
 酔った羽ばたきの一撃で ついにうち砕こうとする、
Ce lac dur oublié que hante sous le givre
 堅く凍って忘れられたこの湖を、湖の白い氷花の下には
Le transparent glacier des vols qui n’ont pas fui !
 遁れなかった数々の飛翔の 透明な氷塊が棲んでいる。

Un cygne d’autrefois se souvient que c’est lui
 かつての日白鳥であった一羽は思い出す、不毛の冬の倦怠が
Magnifique mais qui sans espoir se délivre
 燦々と光を放ったあの時に、生きた境地をうたわなかった
Pour n’avoir pas chanté la région où vivre
 そのため、華麗な姿をしてはいるが
Quand du stérile hiver a resplendi l’ennui.
 解き放たれても希望を持てぬ、これが今の自分なのだと。

Tout son col secouera cette blanche agonie
 空間を否定しているこの鳥に 空間が科した
Par l’espace infligée à l’oiseau qui le nie,
 この白い苦悩を 鳥は頸全体で揺さぶりつづけるであろう、
Mais non l’horreur du sol où le plumage est pris.
 だがそれは 羽が捕らえられている地上に対する恐怖ではない。

Fantôme qu’à ce lieu son pur éclat assigne,
 その純粋な輝きが この場にあらわす幻は、
Il s’immobilise au songe froid de mépris
 益もない追放のさなか白鳥が身にまとう狷介孤高の
Que vêt parmi l’exil inutile le Cygne.
 醒めた夢想にじっとひたって、身じろぎもせず動かない。

(松室三郎 訳)




3. Improvisation II sur Mallarmé – "Une dentelle s'abolit"

Une dentelle s'abolit
Dans le doute du Jeu suprême
A n'entrouvrir comme un blasphème
Qu'absence éternelle de lit.

Cet unanime blanc conflit
D'une guirlande avec la même,
Enfui contre la vitre blême
Flotte plus qu'il n'ensevelit.

Mais chez qui du rêve se dore
Tristement dort une mandore
Au creux néant musicien

Telle que vers quelque fenêtre
Selon nul ventre que le sien,
Filial on aurait pu naître.


4. Improvisation III sur Mallarmé – "A la nue accablante tu"

A la nue accablante tu
Basse de basalte et de laves
A même les échos esclaves
Par une trompe sans vertu

Quel sépulcral naufrage (tu
Le sais, écume, mais y baves)
Suprême une entre les épaves
Abolit le mât dévêtu

Ou cela que furibond faute
De quelque perdition haute
Tout l'abîme vain éployé

Dans le si blanc cheveu qui traîne
Avarement aura noyé
Le flanc enfant d'une sirène.


5. Tombeau / 墓


Le noir roc courroucé que la bise le roule
 黒い墓石が吹きまくる北風に怒る
Ne s’arrêtera ni sous de pieuses mains
 それでも存在することをやめず 背教の点でなら
Tâtant sa ressemblance avec les maux humains
 自分は人間の悪意に似ていると感じて
Comme pour en bénir quelque funeste moule.
 死者の遺影に冥福を祈るのだ

Ici presque toujours si le ramier roucoule
 墓石の形なき弔意は 鳩の鳴き声とともに
Cet immatériel deuil opprime de maints
 切れ切れの雲となって舞い上り
Nubiles plis l’astre mûri des lendemains
 明け方の大きな星にうちあたり打ち砕き
Dont un scintillement argentera la foule.
 銀のきらめきが群集の上に降り注ぐだろう

Qui cherche, parcourant le solitaire bond
 誰がヴェルレーヌを探しているのだ
Tantôt extérieur de notre vagabond –
 孤独な跳躍者 受け入れられることのなかったヴァガボンド
Verlaine ? Il est caché parmi l’herbe, Verlaine
 ヴェルレーヌは今や草葉の陰にいるのだ

À ne surprendre que naïvement d’accord
 ヴェルレーヌは安らかな調和の中で 飲むための唇もないのに
La lèvre sans y boire ou tarir son haleine
 自分の息がそれを乾かしてしまわぬよう気をつけながら
Un peu profond ruisseau calomnié la mort.
 死の流れを受けとめようとしているのだ

(壺齋散人 訳)



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Henri Dutilleux, Piano Sonata [現代音楽2017]

フランスの知性派ピアニスト、アンヌ・ケフェレックがVirgin Classicalに録音したものをまとめてみました。( …恐ろしく頭の回転の早い演奏)

 queffelec_satie1.jpg queffelec_satie2.jpg

Vol.1
・Six Gnossiennes
  6つのグノシエンヌ
・Véritables Préludes Flasques (Pour Un Chien), 1912
  犬のための本当のぶよぶよとした前奏曲
   1.厳しい叱責 2.家にひとり 3.遊びましょう
・Vieux Séquins Et Vieilles Cuirasses, 1913
  古い金貨と古い鎧
  1.金を扱う商人の家で:13世紀のヴェニス
  2.鎧の踊り:ギリシャ時代
  3.キムブリ族の敗退:悪夢
・Chapitres Tournés En Tous Sens, 1913
  あらゆる意味にでっちあげられた数章
  1.おしゃべりな女
  2.大きな石を運ぶ男
  3.閉じ込められた者たちの嘆き(ヨナスとラチュード)
・Three Gymnopédies, 1888
  3つのジムノペディ
  1.レント-苦しく 2.レント-悲しく 3.レント-厳粛に
・Embryons Desséchés, 1913
  胎児の干物
  1.ナマコの胎児 2.甲殻類の胎児 3.柄眼類の胎児
・Je Te Veux, 1900
  ジュ・トゥ・ヴー
・Sonatine Bureaucratique, 1917
  官僚的なソナチネ
  1.アレグロ 2.アンダンテ 3.ヴィヴァーチェ
・Heures Séculaires Et Instantanées, 1914
  世紀ごとの時間と瞬間の時間
  1.有害な邪魔者 2.朝の黄昏 3.花崗岩の狂乱
・Le Piccadilly - Marche, 1904
  ピカデリー(行進曲)
・Avant-Dernières Pensées, 1915
  最後から2番目の思想
  1.牧歌 2.朝の歌 3.瞑想
・Sports Et Divertissements, 1914
  スポーツと気晴らし
  序.食欲をそそらないコラール
  1.ブランコ 2.狩 3.イタリア喜劇 4.花嫁の目覚め 5.目隠し鬼
  6.魚釣り 7.ヨット遊び 8.海水浴 9.カーニバル 10.ゴルフ
  11.蛸 12.競馬 13.陣取り遊び 14.ピクニック 15.ウォーター・シュート
  16.タンゴ 17.そり 18.いちゃつき 19. 花火 20.テニス

Vol.2
・Croquis Et Agaceries D'un Gros Bonhomme En Bois, 1913
  でぶっちょ木製人形へのスケッチとからかい
  1.トルコ風チロル舞曲 2.痩せた踊り 3.エスパニャーニャ
・Descriptions Automatiques, 1913
  自動記述法
  1.船について 2.ランプについて 3.かぶとについて
・Les Trois Valses Distinguées Du Précieux Dégoûté, 1914
  いやらしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
  1.彼の容姿 2.彼の鼻眼鏡 3.彼の脚
・Petite Ouverture A Danser,1897
  舞踏への小序曲
・Deux Oeuvres De Jeunesse, 1885
  1.ワルツ=バレエ 2.幻想ワルツ
・Les Pantins Dansent, 1913
  操り人形は踊っている
・Caresse, 1897
  愛撫
・Danse De Travers, 1897
  3つのゆがんだ踊り
・Pièces Froides - Airs A Faire Fuir, 1897
  冷たい小品 - 3つの逃げ出させる歌
・Pièces Froides - Danses De Travers, 1897
  冷たい小品 - 3つのゆがんだ踊り
・Première Pensée Rose + Croix, 1891
  薔薇十字教団の最初の思想
・Prélude De "La Porte Héroïque Du Ciel", 1894
  天国の英雄的な門への前奏曲
・Passacaille, 1906
  パッサカリア
・Prélude En Tapisserie, 1906
  壁掛けとしての前奏曲
・Poudre D'Or, c1901
  金の粉
・Trois Morceaux En Forme De Poire, 1890-1903
  梨の形をした3つの小品
  1.開始のひとつのやり方 2.その延長
  3. 小品I 4.小品II 5.小品III
  6. おまけにもうひとつ 7.言い直し
・La Belle Excentrique, 1902-1922
  風変わりな美女
  1.大リトルネッロ 2.フランス・月世界マーチ
  3. ”眼の中の神秘的な接吻”のワルツ 4.上流社会のカンカン



 queffelec_ravel1.jpg queffelec_ravel2.jpg

Vol.1
・Le tombeau de Couperin, 1914-17
  クープランの墓
  1. Prelude 2. Fugue 3. Forlane 4. Rigaudon 5. Menuet 6. Toccata
・Pavane pour une infante défunte, 1899
  亡き王女のためのパヴァーヌ
・Menuet antique, 1895
  古風なメヌエット
・Miroirs, 1904-05
  鏡
  1. Noctuelles(蛾)
  2. Oiseaux tristes(悲しい鳥)
  3. Une barque sur l'ocean(海原の小舟)
  4. Alborada del gracioso(道化師の朝の歌)
  5. La vallée des cloches(鐘の谷)

Vol.2
・Jeux d'eau, 1901
  水の戯れ
・Sonatine, 1903-05
  ソナチネ
・Prélude, 1913
  プレリュード
・Sérénade grotesque, 1893
  グロテスクなセレナード
・Valses nobles et sentimentales, 1911
  高雅で感傷的なワルツ
  1. Modéré 2. Assez lent 3. Modéré 4. Assez animé
  5. Presque lent 6. Vif 7. Moins vif 8. Épilogue: Lent
・Menuet sur le nom de Haydn, 1909
  ハイドンの名によるメヌエット
・A la manière de Chabrier, 1913
  シャブリエ風に
・A la manière de Borodin, 1913
  ボロディン風に
・Gaspard de la nuit, 1908
  夜のガスパール
  1. Ondine(オンディーヌ)
  2. Le gibet(絞首台)
  3. Scarbo(スカルボ)



 queffelec_dutilleux.jpg

・Sonate Pour Piano, 1947–48
  I Allegro con moto
  II Lied
  III Choral et variations
・Préludes Pour Piano
  - D'ombre et de silence, 1973
  - Sur un même accord, 1977
  - Le jeu des contraires, 1988
・"Tous Les Chemins...Mènent À Rome", 1947
・Bergerie, 1947
・Blackbird, 1950
・Résonances, 1965
・Figures De Résonances, Pour Deux Pianos, 1970
・Au Gré Des Ondes: 6 Petites Pièces Pour Piano,



という具合に、サティとラヴェルに並んでデュティユーが録音されています。( …単にジャケ画を並べてみたかっただけとも言う。)

---

アンリ・デュティユー(Henri Dutilleux, 1916 - 2013)、生年はメシアンとブーレーズの間ですが、作風はラヴェルの延長線上にあるような感じ。

・ピアノソナタ, 1947-48

 Cathy Krier Henri Dutilleux: Sonate pour piano

弾いているのはルクセンブルク出身のキャシー・クリエ。気になったなら、2枚組のヤナーチェクのアルバムもチェックしてみてください。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Olivier Messiaen, Vingt regards sur l'enfant-Jésus [現代音楽2017]

フランス現代音楽の先鋒 オリヴィエ・メシアン (1908 - 1992) は、鑑賞曲「20世紀の音楽:トゥランガリラ交響曲」と高校教科書にも載っている偉大な先人ですが、
wasuta_textbook.png
アヴィニョン生まれの作曲家/オルガニスト/鳥類学者です。おさらいすると、

オルガニストとしては、パリのサントトリニテ教会のオルガニストを1931年から60年以上の長きに渡って務め、そこでの即興演奏は良くも悪くも人々に強い印象を与えるものでした。作曲家としては、ギリシャの韻律やインド音楽などの探求による複雑化したリズムと、「移調の限られた旋法(Modes of limited transposition)」を用いた彼独自の協和音的な作品を残していて、その中には、ローマン・カトリックである自身の信仰を題材にしたものも多く見られます。また、(自称)鳥類学者として、世界各地で鳥の声を採譜して自作品に活かしています。

さらに教育者としても有能で、母校であるパリのコンセルヴァトワールでの教え子の中には、フランスの作曲家としてはピエール・ブーレーズ、ジェラール・グリゼイが名を連ねています。


そんなメシアンの作品から、「幼子イエスに注ぐ20の眼差し(Vingt regards sur l'enfant-Jésus, 1944)」を取り上げます。第2次世界大戦中に捕虜収容所で書かれた「世の終わりのための四重奏曲」がありますが、解放後、「アーメンの幻影」に続いてイヴォンヌ・ロリオのために書かれたピアノ作品で、すでにメシアンの特徴が全て含まれた音楽になっています。「この作品はピアノ音楽の書法で書かれた"マタイ受難曲"である、とさえ言える」とは、ピアニスト スティーヴン・オズボーンの言葉です。

全20曲2時間ほどの大作ですがまるまる載せます。(親切な人がコメント欄にタイムスタンプを記載してくれていたので。)

 Ashley Hribar performs Olivier Messiaen's - Vingt regards sur l'enfant Jésus

--- 幼子イエスに注ぐ20の眼差し(1944)---

 1. 父なる神の眼差し(00:30)
 2. 星の眼差し(06:33)
 3. 交換 - 神と人との(09:34)
 4. 聖母の眼差し(12:50)
 5. 御子に注ぐ御子の眼差し(18:17)
 6. その方によりて、全ては成された(24:23)
 7. 十字架の眼差し(35:49)
 8. 高き御空の眼差し(39:37)
 9. 時の眼差し(42:19)
 10. 喜びの聖霊の眼差し(45:31)
 11. 聖母の初聖体拝領(54:41)
 12. 全能の御言葉(1:01:24)
 13. ノエル(1:04:25)
 14. 天使たちの眼差し(1:08:50)
 15. 幼子イエスの接吻(1:14:11)
 16. 預言者たち、羊飼いたち、東方の三博士たちの眼差し(1:25:00)
 17. 沈黙の眼差し(1:28:19)
 18. 恐るべき終油の秘蹟の眼差し(1:34:12)
 19. われは眠る、されど心は目覚め(1:41:16)
 20. 愛の教会の眼差し(1:50:20)



--- memo ---
・ミのための詩(Poèmes pour Mi,1936)
 - 歌曲、全9曲
・世の終わりのための四重奏曲(Quatuor pour la fin du Temps,1941)
 - ヴァイオリン、チェロ、クラリネット、ピアノのための
・アーメンの幻影(Visions de l'Amen,1943)
 - 2台のピアノのための
・幼子イエスに注ぐ20の眼差し(Vingt regards sur l'Enfant Jésus,1944)
 - ピアノソロ
・トゥーランガリラ交響曲(Turangalîla-Symphonie,1949)
 - ピアノ、オンド・マルトノ、オーケストラのための
・異国の鳥たち(Oiseaux exotiques,1956)
 - 11の管楽器、打楽器、鉄琴とピアノのための
・峡谷から星たちへ…(Des canyons aux étoiles...,1971-74)
 - ピアノとオーケストラのための
・歌劇『アッシジの聖フランチェスコ』(Saint François d'Assise,1975-83)
 - 全3幕8景。台本は作曲者による

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

佐藤 聡明, Incarnation II [現代音楽2017]

イギリスと同じ島国日本で、ミニマルミュージック系の作曲家というのもあまり見当たりませんが、仙台生まれ独学の佐藤聡明 (1947- )とか一番近いでしょうか?


「化身 II (Incarnation II, 1978)」では、単純な音列を叩き出すピアノ独奏に、ディジタル・ディレイによるライブ音響が重ねられます。低音も倍音も良く聞こえない視聴環境では特徴を捉えることが難しいかもしれませんが、参考にしてみてください。

 GéNIA Plays Incarnation II by Somei Satoh


「歪んだ時の鳥たち II (Birds In Warped Time II, 1980)」はヴァイオリンとピアノのための作品ですが、この動画ではヴィオラとマリンバを使用しています。ミニマル風だけど、どことなく「和風」を感じさせるところが興味深いです。(海外では「禅」や「神道」といったキーワードで受容されているようです。)

 Somei Satoh - Birds in Warped Time II


これら楽曲の収録されたCDは、こちらになります。

 somei_satoh.jpg
 Litania - Margaret Leng Tan plays Somei Satoh, 1988

 1. 宇宙(そら)は光に満ちている
  (The Heavenly Spheres Are Illuminated By Lights, 1979)
 2. 歪んだ時の鳥たち II(Birds In Warped Time II, 1980)
 3. 化身 II(Incarnation II, 1978)
 4. 星の門(Gate Into The Stars, 1982)
 5. リタニア(Litania, 1973)


---

佐藤聡明、日本の現代音楽の正統派から外れているので、逆輸入するような形で国内でも認知されて来たかと思います。同類の音楽手法は、ロック畑ではマイブラの2ndアルバム「Loveless (1991)」という形で実っていますね。

 My Bloody Valentine - Only Shallow (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Michael Nyman, Drowning by numbers [現代音楽2017]

アメリカから海を渡ったイギリスにも、マイケル・ナイマン(1944 - )というミニマル・ミュージックの作曲家がいます。同国の映画監督ピーター・グリーナウェイ作品の音楽を多数担当していました。

--- ピーター・グリーナウェイ&マイケル・ナイマン ---
「英国式庭園殺人事件」(The Draughtsman's Contract, 1982)
「ZOO」(Zoo:A Zed and Two Noughts, 1985)
「数に溺れて」(Drowning by Numbers, 1988)
「コックと泥棒、その妻と愛人」
  (The Cook, the Thief, his Wife and her Lover, 1989)
「プロスペローの本」(Prospero's Books, 1991)


この中から「数に溺れて」のライブ演奏動画があったので紹介。(コンセルトヘボウでの2016ニューイヤーコンサートです)

 Drowning by numbers - Michael Nyman (Finale), Nederlands Blazers Ensemble


またこの時期に、オリバー・サックス著「妻を帽子とまちがえた男」を短いオペラにしたものを作ったり(1986)もしています。この作品では、脳障害の患者=男性歌手が、シューマンの「恨みはしない (Ich grolle nicht)」を完璧に歌いこなす場面が見せ場になっていました。

その後は、パトリス・ルコントの「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」と、別監督のサウンドトラックも手がけていますが、一気に知名度を上げたのがジェーン・カンピオンの「ピアノ・レッスン」(The Piano, 1992)で、下はそのピアノカバーです。

 Michael Nyman - The Promise (Theme from The Piano) - piano cover

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Terry Riley, In C & Philip Glass, Einstein on the Beach [現代音楽2017]

アメリカの作曲家テリー・ライリー (Terry Riley, 1935 - )は、ミニマルミュージックを代表する作曲家の一人です。中でも音楽界に強い影響を与えたのが「In C (1968)」。この作品は、53種の番号付けられた短いフレーズを予め用意し、演奏者がそれを好きなように選んで、好きな楽器で適当な回数繰り返すといったもので、演奏者の数も自由で、オリジナルの録音時は11人、最大では124人で演奏されたことがあるそうです。演奏時間も自由ですが、通常45分から1時間半という作曲者の指示があるようです。

これは、Boston Conservatory at Berklee卒業生のチェロ・オクテット(と言ってもここでの演奏は7人ですけど)によるもので、6分ほどです。

 Terry Riley - In C (BoCoCelli Studio Recording)

こちらは、ライリー御大の参加したアムステルダム公演で、いろいろな楽器の入った演奏が1時間ほどです。

 Terry Riley & Friends – 'In C' – Boiler Room Amsterdam Live Performance


--->

アメリカの作曲家フィリップ・グラス(1937 - )もまた、ミニマル・ミュージックの代表格ですが、グラス自身はこの呼び名を歓迎していないとのこと。アカデミー賞劇音楽部門でノミネートされた「クンドゥン」「めぐりあう時間たち」など映画音楽も多数手がけていますが、代表作として「浜辺のアインシュタイン」という、シアターアーティストのロバート・ウィルソンと共同制作したオペラがあります。上演時間は5時間で、その間観客は出入り自由となっています。

2012年 Luminato Festival (Tronto) での、フィリップ・グラス生誕75周年記念リバイバル上演の予告動画です。

 Robert Wilson & Philip Glass's Einstein on the Beach

--- Einstein on the Beach (1976年 Avignon Festival にて初演) ---
an opera in four acts(The opera consists of nine connected 20-minute scenes in four acts separated by "Knee Plays".)

 Prologue - Knee Play 1
  Act 1 (Scene 1 – Train, Scene 2 – Trial 1)
 Knee Play 2
  Act 2 (Scene 1 – Dance 1, Scene 2 – Night Train)
 Knee Play 3
  Act 3 (Scene 1 – Trial 2/Prison, Scene 2 – Dance 2)
 Knee Play 4
  Act 4 (Scene 1 – Building, Scene 2 – Bed, Scene 3 – Spaceship)
 Knee Play 5

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Morton Feldman, Triadic Memories [現代音楽2017]

モートン・フェルドマン (1926-1987) がジョン・ケージに出会ったのは1950年。カーネギーホールでのニューヨークフィルの演奏会でヴェーベルンのSymphony, op. 21を聴いた際、聴衆の失礼な態度に嫌気がさし次のラフマニノフが始まる前にその場を去ったところ、ケージもまたロビーに居合わせ、そこで二人の作曲家は意気投合したとのこと。

ケージの影響を受けて、旧来の和声法やセリー技法から外れた作曲技法を模索していたフェルドマンですが、1970年に入ると図形譜などへの興味から離れて、20分ほどのきちんとした作品を作るようになります。(Rothko Chapel (1971)、For Frank O'Hara (1973)など)

 Da Camera Presents Rothko Chapel by Morton Feldman (Excerpt 1 of 2)
 Da Camera Presents Rothko Chapel by Morton Feldman (Excerpt 2 of 2)


さらに1980年になると、音量的にも楽想的にも静謐でいながら、時間的には巨大な作品を書くようになります。それらの作品の中から、短めの抜粋動画があったので載せることにします。

「三和音の記憶 (Triadic Memories, 1981) - 3人のピアニスト (David Tudor, Roger Woodward, 高橋アキ) の思い出に関する作品」

 Morton Feldman : Triadic Memories (extrait)


---

1982年の講義でフェルドマンはこう述べたそうです。
feldman_quote.jpg

全曲体験したい方はこちらで。
 feldman_triadic.jpg
 フェルドマン: トライアディック・メモリーズ (1981) / 高橋アキ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

John Cage, Music of Changes [現代音楽2017]

アメリカの現代作曲家ジョン・ケージ(John Cage, 1912-1992)といえば、作曲者が楽曲管理を放棄する「偶然性の音楽 (aleatory music)」で知られ、その究極の形として演奏者が演奏をしない作品「4′33″」が超有名です。

 --- 曲名はトータル演奏時間の分秒 ---
 (David Tudorによる初演時の4′33″が通称となっている)

  Cage_4_33.jpg
 I
 TACET(休止)

 II
 TACET(休止)

 III
 TACET(休止)


「偶然性」に取り組む以前の作品は、まだ「音楽的」なもので、プリペアードピアノ(ピアノの弦にフェルトやボルトなどを挟んだもの)のために作曲された作品群などは、聴くに耐え得るものとして割と演奏・録音もされています。

以前、その時期の作品から「In a Landscape」を記事に載せたことがあったので、今回は「偶然性の音楽」の方から「易の音楽(Music of Changes, 1951)」を紹介します。中国の占いの古典「易経」を用いて作曲された作品だそうです。Book I 〜 IVまでありますが、Book I の演奏例を。


 [LIVE] Vicky Chow performs John Cage: Music of Changes Book 1 (1951)


せっかくなので、演奏時間も同じくらいのヴェーベルン「ピアノのための変奏曲 (1936)」と比べてみましょう。こちらは3楽章構成で、12音技法により厳密に作曲された作品とのことです。


 A. Webern - Piano Variations Op. 27 - Paola Visconti


--- memo ---
 Apprenticeship period (1932–36)
 Modern dance, prepared piano, and the transition to chance (1937–51)
 ・A Valentine Out of Season, for prepared piano (1944)
 ・Music for Marcel Duchamp, for prepared piano (1947)
 ・In a Landscape for piano or harp (1948)
 ・Sonatas and Interludes, for prepared piano (1946–48)
 ・String Quartet in Four Parts, for string quartet (1949–50)
 First chance works (1951–59)
 ・Music of Changes, for piano (May – December 1951)
 ・4′33″ for any instrument or combination of instruments (August 1952)
 Happenings, theater (1959–68)
 Return to composition (1969–86)
 Number Pieces and other late works (1987–92)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Maison book girlとsora tob sakana(John Cage, In a Landscape) [現代音楽2017]

ブクガのアルバムが届きました。ついでに注文したオサカナも。

 Maison book girl "image"
 maison_book_girl_image.jpg
 1.ending(instrumental, prologue)
   2.sin morning 3.end of Summer dream 4.veranda 5.faithlessness
 6.int(instrumental, interlude)
   7.townscape 8.karma 9.screen 10.blue light
 11.opening(poetry reading, epilogue)


 sora tob sakana "sora tob sakana"
 sora_tob_sakana.jpg
 1.海に纏わる言葉(instrumental)2.夏の扉 3.広告の街 4.夜空を全部
 5.魔法の言葉 6.まぶしい 7.My notes 8.Summer plan
 9.帰り道のワンダー 10.おやすみ 11.Moon Swimming Weekender
 12.新しい朝 13.ケサランパサラン 14.クラウチングスタート


両者ともミニマル音楽風味の洒落たサウンドをベースにしていますが、"image"の方は、変則リズムの妙による飽きさせない楽曲で、それに歌を合わせたという感じ。一方、"sora tob sakana"の方は、女声を器楽的に扱い歌詞を浮き立たせて、よりシンプルなリズムの推進力で一気に聴かせる感じ。(曲にバラツキがあるけど、特に前半は)

---

「現代音楽」と「イノセント」というと、ジョン・ケージ初期の人気作「ある風景の中で(1948)」が思い浮かんだので動画?をひとつ用意していたのですが、あまり両アルバムの世界観とは関係ないようです。(この曲はピアノよりもやっぱりハープかな。)

 John Cage - In a Landscape

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 現代音楽2017 ブログトップ