So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

パストラーレ [その他]

宮原知子に坂本花織でしたね。激しい競い合いも終わって、あとは静かなクリスマス・イヴ...


コレルリのコンチェルト・グロッソ第8番は、作曲者自身によって「聖夜のために書かれた」と記され、おしまいにパストラーレ。教会では伝統的に、クリスマスイヴにはパストラーレが演奏されていたそうです。また、イタリアではクリスマスの朝に、田舎の羊飼いが町に来て、笛やバグパイプでキリストの誕生をお祝いする風習もあるとのこと。シチリアーノの素朴なメロディーです。

 クリスマス物語(3/6) - 日本聖書協会
 https://www.bible.or.jp/story/christmas/christmas3.html


参考にYouTubeから拾いました。Allegro-Pastoraleと切れ目なしで演奏されるので、スタートをAllegroに設定しています。





今日自宅で聴いたのはキアラ・バンキーニのCD。1687年にコレルリ自身がローマ/スペイン広場で指揮した、大規模編成の楽団の演奏を再現したもの。オーケストラ人数(Violin:16, Viola:5, Cello:6, Bass:6, Lute:5, Cembalo)、演奏テンポを当時に合わせているそうです。パストラーレはバグパイプの雰囲気もよく出ています。

Correli_concerto_grosso.jpg
 コレルリ:合奏協奏曲集 作品6(全12曲)
 (1687年ローマ編成版)
 キアラ・バンキーニ&ジェスパー・クリステンセン
 アンサンブル415


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。